「てっぺんとったるで!」川床ver

皆さんこんにちは

来月で24歳になります、制作部・津屋です!

 

先日「てっぺんとったるで!」の収録がありました

 

収録場所は先斗町の「味がさね」

 

今回は初となる川床での撮影ということで、1時間早く現場に到着

 

照明の場所、出演者の座り位置など入念にチェックし撮影へimage1

 

川床といえば、夏の風物詩のひとつ。ということで、出演者の皆さんは涼しげな浴衣を纏い、

いつもと違った雰囲気。社長の80歳には見えないこの笑顔が素敵すぎる!image2

 

一方スタッフは、照明に集まる虫との闘いに奮闘。カメラマンの皆様、本当にお疲れ様でした。

 

夏らしい季節感のある「てっぺんとったるで!」川床.verは

KBS京都では8月15日、22日、びわ湖放送では8月21日、28日に放送予定です。

 

そんな「てっぺんとったるで!」ですが、KBS京都では7月11日、びわ湖放送では7月17日のO.Aをもちまして放送50回を迎えます!

 

放送から約1年ということですが、個人的に印象に残っていることは、自分が初めてディレクターとして担当した回のO.Aを見て、「テレビに流れたー!」という興奮はなくて「編集室で見るのと、テレビで見るのとはちゃうねんな」と冷静にテレビを見てた自分です。

 

というわけで、これから100回、200回と番組が続くように、視聴者の方に愛される番組作りを信条にさらに頑張っていきます!宜しくお願いします!

 

※味がさねの川床は9月30日まで楽しむことができます。

是非足を運んでみてください

 

六本木ヒルズへ

制作技術部 張元です。

 

幕張メッセでの「Interop Tokyo 2015」をあとにし、

六本木へ。

IMG_12

 

目的は、

六本木ヒルズ 29Fにある

Googleさんが運営する、クリエーター向けに制作環境を提供する

YouTube Space Tokyoの施設見学。

 

見学まで若干時間がありましたので、

せっかくなんで、六本木ヒルズ界隈を散策。

IMG_20

↑夕暮れどきの「テレ朝」です。

 

さてさて、いよいよ

YouTube Space Tokyoの施設見学です。

こちらは、
YouTubeクリエイターのためのスタジオ施設で、撮影用のスタジオ、レコーディングルーム、カメラ機材、編集機材も全てYouTubeで作品を発表するクリエイターなら無料で利用可能な施設です。

IMG_14

↑今回、東京出張に同行していただいた朝日放送ポスプロ部の長谷川さん。

ラフで、イタリアンな顔立ちが、いかにも!!って感じです。(笑)

 

IMG_16

東京タワーって、通天閣なみの小ささ??

いや、ここは、騒音皆無、ヒルズ29Fでした。

窓から下をみると、納得の高所!!

 

 

 

IMG_13

こちらは、会議室です。

 

 

制限があり、
写真撮影不可な施設もございましたが、

・東京タワーをバックにしたスタジオ
・最大24の動画を同時に表示可能なコントロールルーム
・グリーンバックのスタジオ
などなど、、

それから
新しい撮影で使用するであろうセットも特別に見せていただきました。

 

本格的な動画を作りたいと思っている方は是非、

この施設を利用されると至れり尽くせりではないでしょうか。

 

Googleさん、

お世話になりましたm(__)m

Interop Tokyo 2015 幕張メッセにて

先日6/10~12までの間、千葉・幕張メッセにて
「Interop Tokyo 2015」が開催。

初日に行ってきました。会場はまさに大賑わい!!

IMG_1こちらは、
同時開催されていました
「Connected Media Tokyo」~未来のテレビはこうなる!
(デジタルメディアと放送通信技術の総合イベント)の模様です。

 

 

 

 

 

興味深かったもののなかから、いつくか紹介します。

◆日テレさんブース◆
VRヘッドセット~Oculus Riftーオキュラスリフト~を使ったCG・VRデモコンテンツ体験!!

下の写真は、番組内で使用した法廷CG素材。接続しているPCのテンキーでアングル調整などして様々な角度から楽しめます。有名どころでは、「NEWS ZERO」のセットも同様に遊べました。

IMG_5OAで使用したバーチャルセットやCG素材を有効活用するというのが特徴です。
ヘッドセットの視野角が110度と広く首の動きをモーションセンサーがクイック
に拾い反応していますので、まさに番組のセットの中に入り込むような体験を楽しませていただきました。

 

 

◆NHKさんブース◆

NHKさんでは、
今春放送されていました、視聴者参加型子供番組「かおテレビ」を紹介。

この番組は、スマホまたはタブレットで視聴者が作ったオリジナルの「かお」がテレビに表示され、
歌にあわせて、その「かお」の声を聞いたりできるというもの。

 

IMG_10 IMG_12

トイレマナーについて、ラップ調のリズムで動画が展開 (笑)

きっと、大人も子どもも見ていて楽しいものだろうな~。

見ていてホント飽きないです!!

 

 

 
続いては、
APPS JAPAN(アプリジャパン)コーナー
話題のApple Watchを使ったデモをしていました「株式会社 要」さん。

ウェアラブル端末のApple Watchを使ったアプリケーションを紹介。

今秋Apple社より、別機能作り込みが解禁になるということもあり、

せっかくなんで色々ご提案してみました。

例えば、

司会者の特定のアクションに基づいてモニター画面を操作できいないものか?
、、という機能などの作り込みなど、

テレビでのスタジオ進行・セミナーでのプレゼン展開など、使い方の可能性をすごく感じました。

ご丁寧な対応、有難うございました。

 

IMG_18

 

 

 

デジタルサイネージジャパンコーナーでは、
8K SUPER Hi-VISION がひときわ目立っていました。

IMG_11

東京工業大学の学生さんが作成した、
観光ガイドとして作られた案内サイネージ。

IMG_8

 

 

ということで、限られた時間のなかで

足を棒にしながら、一日中見てまいりましたが、、(笑)

急速な技術進歩により
コンテンツを楽しむ画面はテレビやパソコンだけでなくタブレット端末でも可能となる一方で、

視聴する端末も、
インターネットを活用した放送・通信が提供されていくのだと再認識。

日本の未来へ向けた、各社さんの、様々な可能性、挑戦の成果に
酔いしれました。

 

うちも、

負けてられません(笑) ね!!

 

制作技術部 張元