飛騨高山支社も元気にやってま~す!

こんにちは!ピーキューブ飛騨高山支社の中萩です。

高山は、大阪よりも1ヶ月ほど早く季節が進み、紅葉ももう終盤でそろそろが…

くらいの寒さになってきましたが、中萩は元気にやっております。

先月末、大阪から池田社長と佐藤さん・高岡さんがやってきて、新しいカメラの使い方を教えてくれたり

集機をバージョンアップしてくれたりしました!いつもは一人なので賑やかな数日間でした!

 

一番の目的は、私が一眼レフカメラの動画機能を使いこなすこと!

いや~これが難しい!いつもは小さいデジをオートで使うことが多いため、いちいちレンズを変えたり、

ピントを合わせたり、ホワイトバランスを取ったりと…めんどくさーい!

佐藤さんが一生懸命教えれくれますが…シャッタースピードの調整とかよくわからーん!

しかしちゃんと出来ると、とっても素敵な画が撮れるのです。

時間はかかりそうですが一人で使いこなせるよう頑張ります!

IMG_4774IMG_4780

ロケ場所は、飛騨高山を代表する観光スポットの、朝市古い町並みなど。私も出たり撮ったり。

どんな作品になるかは…乞うご期待!

IMG_4782IMG_4789nakabashi

何気に事務所でクロマキー撮影もしちゃいました!CIMG9733

 

そして翌日は、紅葉真っ盛り奥飛騨温泉郷にて佐藤さんとロケ。

私はというと、ディレクションで精一杯で、前日習ったカメラを使う余裕はなく…次頑張ろう。

佐藤さんのアクロバットな撮り方にちょっと引きながらもメモメモ。

その体勢すごいぜ佐藤さん!私、弟子1号として頑張ります!

okuhidakouyou

 

 

北京出張

久しぶりです。スウです。

 

「ビックリ日本」が中国ポータルサイト「捜狐(ソーフー)」の「我用視頻告訴你 出品人大会(私の動画であなたに伝える 出展者大会)」でノミネートされまして、孫と北京へ出張して来ました。

blg03blg02

捜狐は中国の元祖ポータブルサイトなので、今回ノミネートされてとても光栄だと思いました。受賞式は、北京の「798芸術区」で開催されました。僕も孫も行った事がなかったのでワクワクしていました。

blg01

 

いよいよ到着!

blg04 blg05

授賞式が始まる前に、ネット動画についてのセミナーがあり、たくさんの若手製作者が集まっていました。捜狐の担当者や有名な製作会社の方の発表を聞いてすごく勉強になりました。2016年は、中国のネット動画事業はさらに大きく発展する見込みだそうです。もちろん私達も頑張りたいと思います。

 

いよいよ授賞式!

IMG_2470 IMG_2480

芸能人や捜狐のCEOの張朝陽さんたちも来場し、すごく本格的な授賞式!

ちなみにCEOの張朝陽さんは、中国でタクシーの運転手でも知っているくらいかなり有名です。

賞のジャンルは合計九つあります。「ビックリ日本」は旅行になります。

ドキドキするうちに、スクリーンに「ビックリ日本」の映像が流れてきました…

blg06

 

残念ながら、受賞できませんでした。

でも今回は他の製作会社や新聞社、動画サイトの方々と会えて、とっても有意義でした。

 

★★★北京の豆知識★★★

①スーツを着なくても大丈夫!

保険の営業や警備員以外、ほとんどの人はスーツを着ません。さて、私達はスーツ姿で授賞式に参加しましたが、ちょっと恥ずかしかったです。

 

②アプリでタクシーを呼んだ方がお得!

Airbnbのタクシー版?みたいなアプリ。現在地のGPSと行き先のGPSを指定して、タクシーではなく個人運転手が来て、行き先まで乗せてくれます。今、一部の都市では合法だそうです。ただし、決済は携帯オンライン決済サービス「アリペイ」か「Wechat」を使うので、現地に住んでない日本の皆さんには難しいです。

 

③物価が高いです!

思ったより高いです!10数年前の物価に比べると、3倍~5倍になっています。

 

④wifiはすごく面倒くさいです!

スタバやマクドなどでフリーwifiが使えますが、使う前に登録が必要です。

 

⑤今でもFacebook、Twitter、Lineなどは使えません!!

 

こんにちは。今回スウさんと一緒に北京出張の孫です。

IMG_5539

今年ピー・キューブに入社してから初めての出張です。とてもわくわくしていました。

IMG_2453

出張の最初日は中国ポータルサイト「捜狐」の授賞式でした。私の思うより大勢の人が来て、式場はとてもにぎやかでした。さらに私をビックリさせたのは、参加した人たちの年齢層です。製作者も視聴者もほとんど10代から30代の若者でした。これからのネット動画は若者の時代だなと実感しました。

IMG_5595 IMG_5608

式場で、私たちの作品「ビックリ日本」をずっと見てくださっている2人のファンに合いました。いきなり「ビックリ日本の孫くんじゃないですか?」と聞かれてビックリしました。2人とも「ビックリ日本」が大好きで全部見てくれたそうです。そして内容についていろいろ質問をしてくれました。たとえば、「日本人はなぜ滝に打たれるのか?」という回で私とスウさんが滝行を体験したのですが、打たれた後の体はどんな感覚なのですかとか。「中国人もビックリ!日本のペット店」の回を見て、日本で売っている犬はなぜあんなに高いのですかとか。中国ではありえないいろんなことを聞かれました。自分たちが作った作品がそこまで視聴者のみなさんに興味を持っていただけたのだと思うと、本当にうれしいです!

IMG_2475最後は授賞式です。会場はとてもきれいに飾り付けられ、赤いカーペットに広いステージ、そしてステージの上には3つの大きなスクリーンがあって、とてもオシャレでした。ステージの奥に金色の優勝カップが9つ置かれてピカピカしていました。「捜狐」がやることは、なにもかも本格的な感じがしました。

IMG_2479

授賞式はカテゴリー順に発表されました。「ビックリ日本」は「捜狐 旅行」というカテゴリーに入っていますが、ここにノミネートされた作品は3つあって、まず作品のダイジェスト映像が大きなスクリーンに映し出されます。私たちの作品が出たときは本当に感動的で、心臓の鼓動が速まりました。そして次の瞬間、授賞の発表です。どこから来た自信なのか分かりませんでしたが、一瞬、「ビックリ日本」の名前が呼ばれステージに上がりカップを受け取るシーンが頭の中を過ぎりました。ところが…残念ながら! 次の瞬間!!! 受賞したのは私たちではなかった…。すごくがっかりしましたが、他のノミネートされた作品を見てなんとなく自分たちの力の足りない分部がわかったような気がしました。やはり、一番の差は、私の故郷の製作者たちがより中国人たちのスキ嫌いや時事の話題、流行を把握して製作していることです。今回は優勝できませんでしたが、これから改めてがんばりたいと思います。

 

今回の北京出張の機会を得て、私の故郷で仕事をしている方々、そして私と同じ趣味や夢を持っている方々と会うことができ、彼らから多大な励みと自信をいただきました。これから、もっといい作品が作れるよう、がんばりたいと思います!