2年目社員津屋の実態 vol.2

皆さんこんにちは

入社2年目の津屋です。

 

前回も書きましたが

私は現在、KBS京都とびわ湖放送で放送しています「てっぺんとったるで!」のディレクターとして日々奮闘中であります。

 

前回のブログの最後に、次は収録までの業務の紹介をします。とお伝えしたのですが

あんまり書くこと無いことに気づきまして・・・

ということで、今回は「てっぺんとったるで!」の収録についてお伝えします。

※ちなみに収録までの業務としては、台本作成&印刷 スタジオで見せるVTRの編集などが主です。

 

収録場所は滋賀県大津市にあります温泉旅館「ことゆう」

ことゆう

この旅館は番組スポンサーの天下一品グループが運営する総合施設です。

 

下記が先日の収録スケジュールです。

等番組は6本撮り(6週分の撮影)になってまして

結構タイトなスケジュールになっています。

 

7:30 会社出発

現場に着くまでの間に車中でカメラマンさんとそれぞれの収録回の担当ディレクターが中心となり、撮影の段取りやカメラワークについて打合せします。

6本分あるので結構時間がかかります・・・

 

9:00 現場着

収録場所のセッティング、演者の立ち位置などの確認をします

セッティングが終わり次第、インサート撮影やオフコメ収録などをします。

スタジオセット(木村社長の後ろにある金の襖等)は重いものが多いので、持ち運びに注意!

 

DSC_0080

出演者から見たらこんな感じ

ポーズをとってるのはカメラマンの宮崎さん

DSC_0084

 

10:15 出演者(やのぱんさん、黒田さん)との打合せ

台本に基づいてそれぞれの回のディレクターが段取りを説明していきます。

6本分あるので出来るだけ簡潔に・・・

DSC_0082

 

11:30 お昼休憩

お弁当を食べながら収録に向けしばしの休息

 

13:00~ 1本目収録スタート

現場到着から4時間後にいよいよ収録開始。(意外に遅い?)

収録を円滑に進めるためにはフリップなどの出物の漏れがないかの確認が大事です!

各ディレクターは自分の担当回では収録の舵取りをします。

カメラを回し始める合図を出したり、カメラマンの横でプロンプ(カンペ)を出して、演者のトークをより良いものにしていきます。

 

いざ収録が始まれば全てが台本通りにいくことはありません。

OA上では分からないかもしれませんが、放送されている内容の2割くらいは台本に載っていないトーク、つまりアドリブの要素が入っています。

「てっぺんとったるで!」はそういったディレクターの予想を超えた「生モノ」を大事にしています。その生モノをどう次の展開にどう活かしていくかが、ディレクターの腕の見せどころの1つかと思います。(偉そうにすみません・・・)

自分の担当外の回では、それぞれの回のタイムキーパーやケータリングをしています。自分の回が終わればOKでは無いんです。番組全体が良くなるようにチームプレーで頑張っています。

タイムキーパー:収録始まってから何分経ったか教える人

ケータリング :出演者のお茶出し等する人

 

20:30 6本目の収録終了

休憩を少し挟みながらですが、現場に着いてから12時間かかってるんですね!

改めてスケジュール見ると1日がなげぇ

 

23:00頃 ピーキューブ着

収録がおせば日付が変わることも・・・

みんなクタクタです。

 

「てっぺんとったるで!」の収録の流れをざっと書きましたが、収録までの準備、台本の記入漏れが無いかとか、台本の印刷(各回30部くらい印刷します)なども勿論大切な業務です。

収録が終われば後は編集して納品!

次回は編集・納品についてお伝えしたいと思います。

ありがとうございました。