初のインターンシップ、素晴らしい!

皆さん こんにちは! (*^o^*)

    中国の大連から来た留学生のヒョウと申します。10日間のインターンシップに参加させていただきました。映画やバラエティ番組などが好きで映像の企画・製作にすごく興味があったので、ピー・キューブに申し込みました。

    他のインターンシップ生も皆同じだと思いますが、出社するまではすごく不安感をもっていました。でも出社してみると、以外に会社の方々はとても親切に接してくださいました。

   今回はリポーターとして出演しませんでしたが、ネタ出しや台本、編集の仕事に参加しました。全く素人な私にとって台本を作る作業は思ったより難しいことでした。良い言葉がなかなか出てきませんでしたが、なんとか一生懸命頑張って完成しました。先輩の張さんに修正してもらい、素晴らしい台本だよってほめてくださったので、すごく達成感がありましたウキウキ(*^_^*)

   編集の作業も結構難しく、字幕の入力やBGMの選択、映像の編集などややこしかったけど、先輩の王さんに親切に教えていただいたので理解することができました。結構面白くて、充実して、有意義な会社生活を過ごせました

image1

   さて、撮影現場。私はアシスタントとして会社の先輩たちと一緒に和太鼓の体験をしに行きました。中国でも、しょっちゅうテレビで鼓の演奏を見たことがありますが、初めて撮影現場で自分で和太鼓を叩けるなんて、すごくラッキーな事です。和太鼓の見た目はビール樽に似ていて、太鼓によって音色も違います。残響がよく響いて、音圧が凄くて、非常にパンチが強いです。素晴らしい日本の文化を体験しましたimage3image1 2image2

   ピー・キューブの先輩方にはいろいろお世話になりました。親切に仕事の内容を教えていただきありがとうございました。初めてのインターンシップでしたが、リラックスな雰囲気に包まれて、いつも笑顔の社長さんと親切な小山さんと親切な先輩方がいるピー・キューブで実習できたことは、超ラッキーで、人生の素晴らしい体験でした(*^_^*)

会社やけん、しんけん頑張らんとな!

初めまして
3月13日~24日の約2週間、インターンシップに参加させて頂きました
大分の大学に通っている「ソン」と申します。

福岡の筑紫野から大阪に向かう車の中の11時間。

関門海峡を渡り、広島でもみじ饅頭を食べ、岡山で吉備団子を食べて
初めてのインターンシップ憧れだった本州大好きな大阪大都会での暮らしなどを想像しながら

ひたすら高速の一本道を走るといつの間にか、ようこそ大阪へ。という看板にたどり着くことができました。感激。。

序章が長くなってしまいました。申し訳ありません(*_ _)

ドキドキワクワクしながら憧れだった満員電車に乗って、会社に着いた初日。
仕事については右も左も分からなかった私だったのですが、
皆さんが優しく迎えてくれて安心して仕事に取り組むことができました。

仕事の内容は「ビックリ日本」というユーチューブのチャンネルの動画の制作
日本の”これはビックリ!!!”を海外に発信するチャンネルだそうです。
たぶん、私が海外からきた人だから任されたんでしょうね。

任されたことは責任を持ってやり遂げなきゃ!!!と思って
真剣にアイディアを考えて絞って、絞って、アイディアを出して、却下されて、、、
の繰り返しの末、
やっとやっと、いいんじゃない?と小山さんに許可をもらうことができました。

ざっくりいうと、「好き」の方言を海外に紹介すること
報告」「連絡」「相談ほうれんそうの事を常に意識しながらIMG_1107
台本を作ったり小芝居を入れたりして、自分が主人公の動画を作ることで
ユーチューバーになれた気分を味わうことができました。
撮影の時は緊張して人生で一番、短時間でミスした数の自己最高記録を更新しました。

仕事に対してももちろんですけど、特に編集に関してはIMG_1192
完全に素人だったので、仕方なく1から教えてもらいました。
自分の声と自分が写った映像を自分の力で編集する機会は
私の人生にとって初めてだったし、だんだん慣れてきて
編集って楽しいな!と思いました。

IMG_1778

それと、お仕事っていうのは「みんなで助け合うからこそ、仕事って成り立つ」ことに
気付きました

それ以外にも、インターンシップで来られた方の撮影の補助で

IMG_1814IMG_1811

ロケに行ったり、太鼓体験に行ったりもした充実したお仕事をさせて頂きました。

会社の方と近くでランチを一緒に食べに行ったり、IMG_1838IMG_1219
IMG_1249
皆さんと花の金曜日を楽しんだり、
仕事終わりに会社の皆さんと飲みに行くのを憧れてたのですが、

その夢、叶うことができました。IMG_1890
とても感謝してます。( ´◡` )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても短い2週間でしたが、
貴重な体験をさせて頂きIMG_1755
本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

Image

インターンシップ生のシュウ・ガテイです

image1皆、こんにちは!
わたしは京都情報大学院大学の応用技術研究科シュウ・ガテイです。
中国から来た留学生です。
今のゼミは映像表現技法です。P-CUBEの実習内容は、まさにわたしの希望職種である映像制作なので、このインターンシップを選びました。 
インターンシップ期間中のわたしの仕事内容は、自分のビデオ作品のテーマを決めて、情報収集をして、台本を作成。そして取材開始。わたしはリポーターとして出演し、ビデオ編集もして、最後にネット配信をしました。
わたしは、インターンシップの2週間で、「日本の擬態語の痛み表現」をはじめ3本のビデオに出演しました。社外に出での撮影もありました。私は現場でアシスタント業務をしました。本当にうれしいと思います。

IMG_1008その他、特に思ったのは、社会に出たときにビジネス日本語がもっと重要になるという事です。円滑なコミュニケーションは必要です。日本語に関する知識を身につけるだけではなく、知っている言葉を適切な場面で正しく使えるか、つまり運用力が必要になります。この度、貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。短い間でしたがお世話になりました。

成吉思汗の血を引いたQです!!

皆さん、こんにちは ! ジンギスカンの血を引いた??かもしれないQです。中国の内モンゴル自治区出身でモンゴル族です(* ´艸`)クスクス。10日間インターンシップ生としてピー・キューブに勤めさせていただきました。

ピー・キューブはテレビやWEB番組などの映像を制作する会社で、最初、自分は何ができるのか、うまくやっていけるのかと心配で、すごく緊張しました。でも皆さんが親切に接してくださって、ホッとしました。

image1

初日は「ビックリ日本」のネタを考えました。「ビックリ日本」には「外国人の日本体験記」とサブタイトルが付いていて、日本の観光 ・旅行 ・文化 ・産業の楽しさや素晴らしさを世界に発信するネット番組だということは分かるのですが、僕にはそのネタを考えることすら難しかった。すでに 300 本以上のビデオを制作した上に、新たなアイデアを見つけるなんてなかなか (^ ^;) 。 また、予算などの「現実」ということも考えないといけなかったので、大変でした。午後は編集のやり方なども教えてくださって、本当にいい勉強になりました !

p.s. 初日のお昼はみんなでお好み焼きを食べました。なんと、2013年に世間が驚いたあのSMAP 5人旅のときに、彼らが行ったお店「かく庄」でした !!  ちなみに僕はキムタクの席でしたw !!

securedownload

ところで、この10日間に2本のビデオを作りました。

1つは「日本語の痛みの表現」について。

日本語にはオノマトペがたくさんあって、そのなかでも特に痛みの表現が面白いです。しかし、日本で生活している外国人が内科に行って、先生に「どういった痛みですか ? 」って聞かれるととても困るんです。それで、痛みの表現をテーマに小芝居を作らせていただきました。

もう1つは、サブカルチャーについてのトークショーです。日本の漫画 ・アニメは本当にすごい。僕の人生を変えたくらいすごいです。詳しくはビデオを見てね~ ! コメントも宜しくお願いします。

image2