インターン体験記――夏の最高の思い出

皆さん、こんにちは! 中国の北京から来ました留学生、謝(シャ)です。8月21日から9月1日の2週間、インターンさせていただいて本当に楽しかったです。日本に来てから最高の思い出でした。

初日―天空美術館との不思議な出会い

出勤の初日は迷子になって、2時間もかかってやっと会社に着きました。会社の先輩方たちは、親切に案内してくださったり、説明してくださったりしました。何をしたらよいか分からない時に、1週間前に来たインターン生に声をかけられました。台湾から来たキティちゃん、そして私と同じ大学の後輩、西安から来たショウちゃんです。2人はすごく親切にしてくれました。同じ大学の後輩なんて、なんだか不思議な気がしました。午後から、会社の先輩と一緒に大阪スカイビルにある天空美術館に連れて行ってもらいました。女子会みたいに6人一緒に素晴らしい絵を見て、美味しいチョコラを食べました。楽しかったです。

1111

 

■ビデオ制作の試み

私はビデオ制作に興味を持っていて、今回のインターンを申し込みました。でも、完全に素人からのスタートです。まずはビデオのネタを考えさせてもらいました。テーマは「外国人が日本生きてビックリしたこと」です。日本に来てからまだ4カ月目なので、日本の色々な事に対してまだ分かっていない状態なので、いつもたくさんの事にビックリしています。最初は、ネタなら簡単に作れるものだと思っていました。実際ネタを発表すると、そのネタを選んだ理由を聞かれ、なかなか説明できませんでした。ビデオを作ることがどれだけ難しいことか、しみじみ感じられました。ネタを何個も何個も提案して、やっと先輩から許可をもらいました。

次は台本を書くことです。過去の台本を読ませていただいて1回書いてみました。書けば書くほどこの仕事のおもしろさがわかりました。

 

■実際の撮影

インターンの6日目、同じインターンをしている陳さんが提案したネタのビデオ撮影に出演者として参加させていただきました。初めての撮影なので、すごく緊張しました。撮ってもらったビデオをチェックしていた時に、自分の顔の表情とか動作とかがすごく変に感じられました。「リポーターとして出演することにもいろいろ注意しなければならないことがあるんだな」と、この撮影で分かりました。でも、今まで体験できなかったことを体験できて、やはり最高の思い出でした。

22222

ちん02

 

■ ビデオの編集

インターン6日目、ビデオ編集の仕方を社員の王さんから教えてもらいました。一見簡単そうに見えますが、実際にやってみると意外に難しかったです。少し練習して、なんとか仮編集を終割らせましたが、満足感でいっぱいでした。「頑張ればできるんだ!」と思うようになりました。

3333

最終日-また、いつの日にか~

さあ、今日はインターンの最終日です。この8日間は、あっという間に終わった気がします。今まで体験できなかったことをここでできるようになりました。この夏で一番素敵な経験ができました。みなさん、ありがとうございました! さようなら、いつの日にか~

file

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>