充実した10日間のインターンシップ

こんにちは、上海から来た陳です。9月4日から9月15日までの10日間、インターンシップに参加させていただきました。初めて会社に来た時、すごく緊張しました。何をすればいいのか全く分からなかったし、自分の行動が変ではないかとすごく考え込んでしまいました。幸い、先輩たちはすごく親切で丁寧に仕事内容を説明してくれたおかげで、なんとか緊張感が治まりました。

この2週間を通して、普段私たちが見ているテレビ番組やビデオは、出演者や制作会社の人々の苦労があってのものだと強く思いました。私が撮影したビデオを先輩たちの助けのもとで編集し、テロップを作り、様々な特殊効果を加えて初めて、ネットにアップロードできるということを知りました。そして、日本の番組を世界に広げるために、アメリカ人や台湾人などが協力しながら訳し、字幕を制作する場面も見ました。以上のことを経験した私は仕事というのは一人ひとりの力も必要ですが、やはりみなさんの長所を合わせて初めて、成し遂げられるものだと感じました。皆さんが仲良く相談し、自分の意見を交わしながら、協力してこそ、最後に素晴らしい作品が出来上がるのだと思います。IMG_0234

また、いつも「真面目過ぎだ」と言われる私はやはりビデオ撮影に一番苦労しました。できるだけ自分の性格を変え、普段あまり使わない言葉も使ってみました。振り返ってみると、ちょっとした違和感がありましたが、全体的に楽しかったので「まぁいいか」と思いました。このブログも「真面目過ぎだ、もっと気軽に書いて」と何度も言われました。IMG_0181_2

まだまだ未熟な私ですが、この2週間でメディアにかかわる技術や撮影においてのスキルだけではなく、チームワークや場合によって自分を適切に変える大切さもわかりました。

ここで勉強したチームワークの重要性や自分を適切に変えることはきっと他の会社に行っても大事なものだと思います。最初はだれも支えられなくて、ただの足手まといかもしれませんが、最終的に誰かを支える存在になったらと再び思いました。

この2週間、支えてくれた先輩の方々にお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>