香港-深圳出張行ってきました。

こんにちは。小森です。
9月1日~4日まで、香港から中国は深圳と、
アジアの中でも特に著しく進化している都市の経済事情を探りに行ってまいりました。
さっくりとですが、レポートします。

初日からさっそくハプニング。
行きの飛行機が1時間ディレイで行く予定だったセミナーに参加できず。
とりあえず軽く観光。

001初日は九龍側へ泊まります。ネイザンロードまさに香港!な景色です。
ただ、ネオンサインは思ってたよりも少なく、どうやら規制が入って減ったのだとか。

002夜景も見に海沿いまで繰り出しました。が、あいにくの天気で少し霧がかってます。

2日目は朝、九龍公園まで散歩。地元の方に混じって太極拳やってきました。
(その風景とか社長のiPhoneのポートレートモードを利用して撮影してたのですが、
その後まさかのiPhone紛失。撮った写真たちも全て消えてなくなりました泣)

003
ホテルはゲストハウス風のオシャレな雰囲気でした。

昼は香港島側へ移動。社長のお知り合いの方とご一緒にお食事。
香港を中心にアジア各地を飛び回っており、短時間なのに様々なお話を伺っているだけで
日本がどれだけ内向き志向で世界の中で置いてきぼりにされているのかが分かって、
不安と焦りに駆られる程でした。
意識を外にどんどん向けていくこと、そこまで考えを広げていくことってすごく大事です。

午後は、社長と別行動。ずっと行ってみたかった場所へ。

009映画「トランスフォーマー」や数々のMVの撮影地に使われている益發大厦という場所。
もう圧巻です。ただの密集住宅ビルですが、こんなに圧倒されるかって程迫りくるものがあります。

3日目は中国・深圳視察ツアーへ。
電車で香港最北端まで行き、陸続きで越境です。

004
越境のボーターです。

005
深圳駅ついてまず思うのは、とにかく広い、でかい。流石中国ですね。

まずはOCTハーバーという商業エリアへ。ここがまたとんでもなく広い。
ドローン等でお馴染み、DJIのフラグシップストアに行ってみました。

006日本は航空法等の問題でドローンのハードルが高いので、こんな旗艦店ないですよね。

その後中国版LINEとして「Wechat」をリリース後
とんでもない成長を遂げたテンセント社のビルへ。007これまたとんでもない高さのビルです。近くでしか撮れなかったのでこんな写真ですが。
看板もはや見えませんよね。高すぎて。

その後は深圳の秋葉原と言われる大規模電気街へ008パチもんだらけです。iPhoneXももう売ってました笑
ただこの電気街にいる中国人たちのビジネス精神って、学ぶことも多いなと。

その後は夕食を兼ねて、深圳を拠点にビジネスを展開されている松浦康裕氏のお話を伺いました。
前日も感じましたが、とりあえずは日本だけで完結している考え方から先ず脱却する方が、
トライ&エラーを通して成功へ繋がる環境が転がっているということ。
新天地や新事業に臨む上での覚悟・ルール・失敗・チャンス・手段・時間。
あらゆる切り口からヒントが転がり落ちていて拾い集めるのに必死でした。

これからうちの会社でできること、まだまだ沢山ありそうです。

自然と奮起させられました。海外で活動してる方と触れ合うのは刺激になります。
とてもいい機会をいただきました。

「関西学院世界市民明石塾」

こんにちは 今年4月入社 ピーキューブ制作部のアンドリューです。

最近完成したPVのご紹介!会社に来てから初、企画から撮影、編集に全部関わったプロジェクトで、一か月以上の制作期間で出来上がった作品です~

関西学院大学が、今後国際公共分野で活躍できるグローバルリーダーとなることを目指す高校生を対象に国際的視野と主体的な課題解決力の涵養を目的として、元国連事務自著の明石康氏を塾長に迎え、「関西学院世界市民明石塾」を開設し、ピーキューブの私たち、中林さんと自分がこの「明石塾」の収録撮影を依頼されました。

撮影自体は難しくなかったものの、10時間弱の映像を7分に絞るのはさすがにシビアでした(自分の撮り過ぎσ(^_^;)

三田にある関西学院の千刈キャンプ場で行われ、自分もキャンプ気分で三日間泊まり、皆と食事をも共にし、割と楽しい時間を過ごせました。しかも、意外な事に自分の知り合いも何人かが参加していたという偶然!知り合いを通して、参加者や関係者とも仲良くなり、自分がただのカメラを持った記録者ではなく、皆さんの輪には入れて嬉しかった~

でも、今回はただ楽しむキャンプではなく、参加している生徒たちが色んな事を経験の多い先生の方々から学び、一緒に議論をし、世界の未来に貢献できる様なグローバル人材に育て上げられる事が目的でした。自分からして、参加者が今回できた経験が羨ましかったぐらいです。国連や世界の問題に関する事に興味がある方なら絶対に参加したいプログラムと思えて、自分がまだ高校生だったら受けたい授業ばかりでした。

生徒さんたちはキャンプにもかかわらず授業にしっかり集中をし、生徒たちがプレゼンをする時や先生へ質問をする時などでみなさんの実力性が伝わりまた。そして、キャンプの二日目は全ての授業が英語で行われて、そこでの皆の英語力が半端なかった!留学をした子、もしくは海外で育った子もいれば、ずっと日本育ちでも英語が上手な子もいて驚きました。普通にネイティブのレベルの子もいて、グループワークも生徒同士が英語で話し合い、部屋の雰囲気ガラッと何処か海外へテレポートしたかの様!外国人コミュニティーや国際学校以外、あまり日本にはない環境ですので、アメリカ人の自分からして変に馴染みのある感じになりました。

こんなにもレベルの高い高校生達がこの一か所に集まってこの素晴らしいプログラムでの教育を受けられるのは日本の未来だけではなく、世界にも貢献できる事だと信じます。このプロジェクトに関われて、この動画を見て、今後「明石塾」に参加したくなる人たちがいれば、それを思えて自分も重要な役割ができた気もして嬉しいです!

これからも世界に関心を持つ「世界市民」を関西学院だけでなく、色んな教育の現場で育て上げられて行けたらいいですね。