JETRO視察ツアー カンボジア編

JETROさんの視察ツアー(メコンサービス産業海外進出支援ミッション)にアイ・キューブの広野郁子さんと参加しました。サービス業でアセアンに進出したいと考えている中小企業が、現地の様子、日系企業の動向、法律関係や税金・賃金・物価などを視察するというミッションです。このツアーの良い所は、「現地集合・現地解散」という所。なので先にミャンマー(ヤンゴン)にも行って来ましました。カンボジア(プノンペン)→ラオス(ビエンチャン)→ベトナム(ホーチミン)をめぐります。
前日にミャンマーからカンボジア入りしたのでカンボジアの家族たちに会いに行きました(^^) 私、6回目のカンボジアです。
カンボジア01 カンボジア05

↑カンボジア在住、石原舞さん。私の顔を見て「お帰りなさい!」と迎えてくれたのが嬉しかった。バイクを自由自在に乗り回す舞さんは、すっかりプノンペンのジモティー。さっそくプライベートヨガ教室をやってもらいました。「吸って~ はいて~~」の柔らかい声がセクシーで気持ちいい。うっとりしてしまいます.舞さんは弊社制作のカンボジアの子供教育番組「BooBooPee」の制作にも協力してもらっています。本業はトランポリンで世界中の子供たちを笑顔にすること。こんな小さな体なのにとってもパワフルで、大きなトランポリンをかついで、あちこちの村に出張し子供たちを笑顔にしています。同時にヨガの先生でもあり、体操の先生でもあり。とにかく舞さんの隣にいると元気になれます。

カンボジア06

ステキなレストランFCC Phnom Penh Restaurant & Barに案内してもらいました。今はオシャレなレストランですが、内戦時代には新聞記者やカメラマンたちが隠れて情報交換をした場所だそうで、その時の写真が階段の所に貼ってあります。歴史ある場所。サップ川が流れる景色も素晴らしい。

カンボジア03 カンボジア02

そして、こちらもカンボジアの家族。ナリットさんと、鳴海さんと、かわいいベイビー。チョムリアップツォ!(はじめまして!) ステキなステキなご家族です。口元がパパの鳴海さんソックリ!賢そうなベイビーです。BooBooのイラスト入りのバッグとヨダレかけをプレゼントしました。うちのCGチームの女子と、何がいいかいろいろ考えたのよ~。ナリットさんは、カンボジアのアナウンサーで、BooBooPeeに出演してもらっている、お姉さんでもあります。ベイビーもいつかBooBooPeeに出演して欲しいわ~~~(毎週土曜・日曜 朝7時半ごろ~Apsara-TVで放送中)

カンボジア08 カンボジア09カンボジア07

この日は、プノンペンタワーの上に入っているタマホームが経営するTama Hotel Phnom Penh Towerに宿泊。1泊1部屋5400円くらい。コンパクトでビジネスで使うのはいいけど、この部屋(一応ダブル)2人で泊まるのは狭いかも。ラブラブカップルならいいかもしれん。同じ階にはゲストハウス形式の窓無しベットだけの部屋もあって、こちらは2500円くらいらしい。最上階のオープンスペースのバーもオススメです。

カンボジア35カンボジア10

さて、JETROの「メコンサービス産業海外進出支援ミッション」はプノンペンのひまわりホテルで集合。そこからみっちりレクチャー&視察の繰り返し。怒涛のツアーの始まりです。実はカンボジアで回る企業・団体は知ってるところが半分以上だったのですが、現場の方々の裏話を聞きながら、新しい視点で見ることが出来ました。最初にレクチャーしてくださった日系企業代表が、CDLの鳴海さん。確かにカンボジア進出するにはぜひ知っておいた方がいい方。カンボジアのハローワークを目指し、また日系企業むけの情報誌も作られています。
http://www.cdl-consultant.com/

ナリットさんの旦那さまでもあり、弊社の中林も、CDLで2カ月のインターンシップをうけ、お世話になりました。

カンボジア12 カンボジア13

さて、こちらは↑もう何度も行った、イオン1号店。イオンのお惣菜売り場には、超カラフルなお寿司が。東南アジア全体的に、派手な色が好まれるんだそうです。色彩感覚が日本のそれとはまた別なのでしょうね。ちょうどドラマの撮影が行われていました。若いカップルがケンカするシーンのようでした。ドラマの舞台となるぐらい、カンボジアでは若者のトレンドの場所となっているのでしょうね。1年半前に初めて来たときよりずいぶん賑やかな感じになったと思います。

カンボジア14 カンボジア15

こちらはタヤマビジネススクール(日本語学校)訪問はもう3度目でしたが、学校は少しプノンペンの郊外に移転していました。そこで、少し授業に参加させていただきました。まだ入って4カ月の子たちが懸命に日本語を話し、大きな声であいさつをする姿は、本当に気持ちがいいです。かなりスパルタ教育のなのですが、礼儀作法や仕事に対する姿勢も教えていらっしゃるだけあって、ここの卒業生はめちゃくちゃ優秀です!現地で通訳と案内をしてくださった方も、この学校の生徒さん。またナリットさんも、ここの1期生です。
若い人たちの希望とパワーに、ツアー参加者の全員が魅了され元気をもらいました。

カンボジア27 カンボジア19 

地元の方は左↑のような市場で買い物をすることが多いですが写真右はシアヌーク通りにあるラッキースーパチェーン店が複数ある地元のスーパーです。中間層向けのこういったスーパーも多くなっています。イオンで買い物する人は富裕層が中心。

カンボジア18 カンボジア16

実際にお買い物も。なぜに玉子がピンクなのかは不明。現地の人に質問したのですが結局わからずじまいでした。誰か教えて~~

カンボジア17 カンボジア20

中国の冷凍食品なども数多くありました。日本風のお菓子はタイの企業が作っているようです。

カンボジア21カンボジア22カンボジア23 カンボジア24

 夜はJETROの皆さんと参加者の交流会。いろんな業種の方がいて、こういったツアーでは一緒に回った方との繋がりも大切と感じます。帰ってからもFBなどでつながっている方もいます。みなさん精力的に動かれているので刺激になります。

カンボジア25 カンボジア00

2日目は、現地のスポーツジムやフランチャイズ展開をされている企業を訪問。いろんな外資が入って提携してるんですね。また、華僑の方の割合が高いと感じました。

カンボジア26  カンボジア28

 ランチは味千ラーメン。熊本の企業頑張っています。味はもちろん店員さんたちも気持ちよく働いておられました。 

カンボジア29 カンボジア30

また商業省(経済産業省)では長官にご挨拶させていただきました。女性の方なんですね。やはり海外に来ると日本より管理職の女性比率が高いです。
写真右は空港にてJETROの岸さんと。いろいろお世話になりました!

この後、ラオスへ。。。また全然違った体験をさせていただきました。それは次回へ つづく。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>