深圳報告その2 スマホ決済&シェア文化 エキサイティングな街 

11月に行った深圳視察の報告第二弾です。こちらは巨大電気街「華強北」海外からの視察?と思われるツアー客も多かったです。一歩ビルに入ると小さなパーツ屋さんがずらりと並び迷路のような感じ。コピー商品を売る違法な店も多いです。
↓ お土産も含め、何一つ買い物はしていない私。。

サムネイル

図45図46

↑ 国の標語?もドローンの形!

01ブログ

図2

さて、「現代中国の産業集積」の著者、伊藤 亜聖さんのプレゼンを聞いて驚いたのは、深圳で一番人口が多いのは20歳~24歳。次に25歳~29歳。つまり20代がめちゃくちゃ多く、65歳以上に至っては2~3%という感じ。
そもそも、人口が少ない漁村に、いきなり街を作ったので急激に外から若者が集まって来たという事ですね。

何か新しい事をするときに反対しがちな40代以上が極端に少ない。「無理 無理」「使い方が分からん!」「いままでやった事ない」 そんな事を言う人が少なくて「とりあえずやってみょう」「失敗したら改善したらいい」そんな声が聞こえる。そして凄い勢いで失敗しては改善が繰り返される街。良くも悪くも。
図41

シェアバイクはMobikeが多かったです。アプリをダウンロードして開くと、地図が現れ、近くにあるバイクが表示されます。アプリでQRコードを読み込んで開錠。30分15円くらいで借りれて乗り捨てOK。なんとすばらしい!この方のブログが分かりやすい。↓

http://tatsuya1970.com/?p=9965

WeChat Pay「微信支付」の使い方はこちら

http://tatsuya1970.com/?p=9904

図40図42

他にも「シェア傘」「シェアバッテリー」なども。個人情報が全部紐づけされているから、意外と悪い使い方をしないみたい。きちんと使えば利用料金が安くなったりデポジットが不要になったり特典がある。
タクシーのUberだって最初は「素人の運転手なんて危ない」という声もあったけど、利用者も運転手もお互い評価される立場なので、きちんとする。だから凄い勢いで広まった。マレーシアで使ったけど超便利だし、運転手の愛想も良かった。
「悪いことをしたら全部自分に返ってくる」「情けは人の為ならず」という考えは意外にもIT化で加速していると感じます。

図39

↑ ユニークだったのが電話ボックスみたいなカラオケボックス。思いっきり歌って録音もできるみたい。北京でも流行っているそう。(^o^)

図38

↑ 電話ボックス型の英会話教室も発見。なんでも考えるねぇ~「シェア」と「横のつながり」「トライ&エラーで進化」が深圳らしい。

IMG_2851

↑ SEGのYeepingさんには、Wechatpayを使ったゲームを教えてもらいました。決済やワリカン機能、送金など、なんでもスマホでできます。そして、ちょっとした賭け事も教えてもらいました。数人で「賞金」をかけてWeChatのアプリを使ってする「ラッキーマネー」というゲームです。めちゃ盛り上がりましたが、日本では非合法かも(^^;)

図36

↑ 深圳にもユルキャラ?が街をにぎわせていました。デザインもそこそこカワイイのですが、私的には「中の人」の動きがイマイチかなぁ~と感じました。図37

↑ こちらはイベント会場のコスプレ美女たち。コンテストの審査員っぽい感じでした。

図43

↑ 地下鉄も新しくて綺麗です。女性専用車両もあったり。たくさん男性も乗ってましたが。今地下鉄は1~11号線もあり、乗り換えが難しいです。「MetroMan」という乗り換えアプリが便利ですよ。凄い勢いで地下鉄の路線も増えているようです。中国は地下鉄乗るのに改札前で荷物検査があるので鞄にペットボトルをいれっぱなしにしないでくださいね。私も2度ほど怒られました。チェックの機械に通すか、一口飲むとOKです。

図44

↑ しかし、深圳の方、めちゃくちゃ長時間働かれているようでお店でもランチとディナーの間の時間、お店の従業員の方が店内で昼寝をされるみたいです。しかも、お客さんから見える席で。ビックリ深圳。

図3    IMG_2711

↑ 超高層ビルが立ち並ぶ深圳ですが、美しい広々とした公園も街の至る所にあります。インスタ映えする太極拳のポーズをとってくださるおじさまも。

01ブログ2n

流れる川の水も、そこそこ透明で何でも生活用水の再生水を流しているようです。

IMG_2878

↑さて、今回は行きはフェリーで深圳入りしましたが、帰りは「羅湖口岸ルート」で香港入りし、MRTと高速バスで香港空港に行く方法にチャレンジしました。こちらのURLが参考になります。

https://c-study.net/hongkong-immigration-to-mtr-sheungshui/

IMG_2879

↑ 上水駅から香港空港行きのバス。「増強男人能量」のコピーが気になりますが。。バスは快適でWi-Fiと電源が使えます。

IMG_2934

全体的に、街の人たちも、親切で何でも助けてくれました。ゴミも落ちていないし、とてもきれい。「PM2.5がひどいからマスクは持って行った方がいい」と言う方もいらっしゃいますが、前回9月に行った時も含め、1度もマスク使わなかったです。晴れているときは空も青かった。風向きや季節にもよるみたいですが、乾燥している北京や上海より緑も多く感じられる街でした。

中国は広くて、街ごとに個性的です。もちろん違法なサービスや、コピー製品など悪い面はたくさんあるでしょう。ただ、今その中から変化が起こっていると感じます。深圳は若者にはぜひ一度見て欲しい街だと感じました。

凄すぎ!深圳はブッ飛んだ美しい街でした。(その1) 

今年2度目の香港&深圳。予想以上に進化が止まらない街でした!
まずは、こちらをご覧ください!主にGoproで撮影。

スタートアップの街 深圳 Shenzhen
平均年齢は 33.6 歳
0から1を作るのではなく、1を10にするのが得意な街。
横のつながりが強いshareの街
進化のスピードが凄く、トライ&エラーの街
パクリものも多く、成功はそんなに簡単ではないけどヒントに溢れる街。
そして洗練された美しい街でした。

11月10日に香港にまず入り、空港の横にあるフェリー乗り場から直接深圳へ。夜だったのですが、まず、ぶっ飛んだのが深圳の港にあるイミグレのビル!なんとSF映画ばりの凄いデザイン。照明もついたり消えたり色も変わります。(^^;) いきなりビックリです。未知との遭遇か?前回は電車で深圳入りしたのですが、ぜひ夜に深圳入りする人にはフェリーがオススメです。↓図1

IMG_2176IMG_2412

↑ちなみに、香港で買った「香港・中国の両方使える」というsimカードは香港でしか使えず。一緒に行った、ののちゃんは深圳でも使えましたが。深圳に入る時にあちらの電話番号をゲットするのに失敗するとダメみたいです。私はフェリー上でエラーメッセージがずっと来てました。1日目は使えて2日目はダメだったという人も。確率は50%ぐらい。頑張って深圳の電話会社のサービス窓口に電話をかけたり出向いたりしましたが「Go back to Hong Kong!」とつれないお言葉。ちなみに、日本のキャリアの海外ローミングですと、FBやGoogleも使えたそうです。右の写真は、私の宿泊したホテル。電気街のすぐ近くで、ホテルのサイネージがスマホでした。

図7

IMG_2461 IMG_2457

今回は、高須 正和さんが、シェアオフィスや工場などの視察ツアーを組んでくださいました。写真左のネコ耳の方で業界では有名人です!
まず最初に行ったのがJENESIS 。代表の藤岡淳一さん(写真左)に工場を案内していただきました。こちらは部品が多くあつまる深圳の地の利を生かした工場で、さまざまな商品を小ロッドから作って耐久テストなども行っています。一番印象に残った言葉は「製造業でビジネスする時は値切るな」という事。意外でした。シンセンでは10%値切ると部品の品質が30%ダウンしても仕方ないという事らしいです。また日本では8カ月かかるところが、深圳では3か月のスピードで見積もりから納品が済むとか。とにかく横の連携が強いそうです。中国でビジネスをするときの心構えと、注意事項を教えてくださいまして、めちゃくちゃ勉強になりました。

https://www.amazon.co.jp/dp/4844398032/ref=cm_sw_r_tw_api_WeGjAbDV2C8M9  「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム 藤岡 淳一さんの著書。

IMG_2496 GPTempDownload

↑ 白石州美食会にて、Japanese MeetUp。おもしろい人がたくさんいました。経済産業省の若手の方も、自費で視察に来られてました。勉強熱心!

図32

図27

図29

柴火造物中心 x.factory は、新しい製品を生み出すシェア開発工房。木やプラスチックなどを加工して自分たち独自の製品を作り商品化するための工房です。もの作りの企画が通れば、安価でこの施設の最新の機材を一定の期間の間使う事ができ、使い方も教えてもらえるそうです。最新のレーザーカッターやプログラミングで細かい細工ができる電動のこぎりなどのハイテク機器の他、日本の古典的なカンナなどの道具も人気だとか。中国国内だけでなく、海外のチームも利用しているそう。とにかく、施設内がオシャレ!地上は緑いっぱいの公園で地下に広々とした施設が広がります。めちゃくちゃ道に迷いました。まさか公園の下とは!x.factoryのDannyさん、丁寧な解説ありがとうございました!

IMG_2572

図16 図14

さてこちらは、maker faire 深圳 2017の様子。最先端のモノというのはあまりなく、何かの技術に+&されているモノ。軽量化やデザインを面白くしたもの、手軽に使えるものといったアイデア作品がずらり。パクりものも多くありました。センサーや基盤などアリモノのパーツをうまく組み合わせた作品が多いのかな。小さな子供が遊びながら学べる教育関連の作品も多かったです。BooBooPeeの商品の作りたいなぁ~~~

http://tatsuya1970.com/?p=10456

maker faire 深圳はこちらの方のブログがわかりやすいかも。

図6

09A3DD4C-F8E4-4B01-8C78-8B3FC09FDFB7-3935-000002A852A99118_tmp

深圳華強北のコワーキングスペースSEGMaker(賽格衆創空間)は、電化街入り口の高層ビルにあります。ここも中国国内外からプロジェックトチームがあつまりスタートアップを目指しています。茂田 カツノリさんが、こちらと周辺の電化街を案内してくださいました。広い電化街は、怪しいコピー商品の店も多いのですが、マニアックなパーツなども手に入るそうで。あとスマホ周辺の備品などの便利グッズも多かったです。

IMG_2738 図20

SEGのコワーキングオフィスには日本枠も5席確保されていました。SEGのYeepingさんは、とても元気でパワフルな方。香港出身でメディアの記者をしていらしたそう。「私たちは0から新しいものを生むのはまだ無理だけど、1を少しずつ変化させて10を作り上げていくのは得意」との事。

図23

IMG_2820

図25

↑こちらは アクセラレーションセンターHAX。HAXは、製造業だけでなく、ライフサイエンスやIT,モバイル技術を使ったビジネスや食品関連など幅広いプロジェクトが集まっています。とても賢そうなAnanさんのプレゼンを聞きました。「あなたはどこ(の国)から来ましたか?」の質問にAnanさんは少し首をかしげ「My identity is India」と答えられたのが印象的でした。ナショナリティではなく。きっと、「どこの国の人か」というのは、国籍や人種、生まれ育った場所などが複雑なグローバル社会の中では難しい質問なのかもしれないと感じました。

IMG_2838 IMG_2828

 ツアーでお世話になった、伊藤 亜聖さん、MJさん、そして高須さんたちのプレゼンも聞きました。マレーシア出身のMJさんは、「高校を卒業して大学に行ったら間に合わない。早くビジネスをスタートしたい」という思いで高校を中退して深圳に来られたとか。毎日朝6時から夜の11時まで部品のショップオーナの仕事で仕入れ・販売等をして働いているそう。深圳に来て7年目でようやく軌道に乗りだしたそうです。

英語ですが、高須さんが、「なぜ深圳が凄いか」をyoutubeにアップしてくださっています。

高須 正和さんのWhy Shenzhen is Amazing in the Maker Movement ↓

Shenzhen as Innovation City Asei Ito 伊藤亜聖↓

F49BF793-DC51-4CCC-B9A8-75308C6E6A6D-240-00000007E83729D1_tmp

 懇親会の風景。Yeepingさんに、WeChat(微信)Payvを使ったゲーム(勝ったら電子マネーが入る)などを教えてもらい、盛り上がりました。スマホでワリカンや賞金をかけたゲームができるだなんて、驚きです! 

最後に、深圳ツアーに誘ってくれた、ハッカースペースジャパンの藤原くん、横でプロの解説をしてくれた、ライターの、ののちゃん、そして現地でお会いした大勢の皆様に感謝です。

ここに書ききれなかった、ビックリ深圳?は、12月に続きとしてブログにアップ予定です。

内定者お食事会とアイ&ピー・キューブ結成会、徳島・淡路・福井ロケといろいろあった近況報告

今月は素晴らしい景色の中でインバウンド用の映像を撮影させていただきました。出来ましたら、またご報告させていただきます!驚くほどの晴天。ロケの神様、ありがとう(^^)/

IMG_1768 IMG_1822 IMG_2137  出演者・技術陣、そして張ディレクター めちゃくちゃハードなスケジュールの中、頑張ってくれました。また取材先の方々の多大なご協力に感謝です。作品がアップされるのが楽しみです。

 IMG_2967 ↑さて、来年はピーキューブにまた新入社員が入ってきます。とてもキュートで頑張り屋さんの女性。もうすでに、いくつかの仕事手伝ってもらってるし、即戦力。そして新しい企画も現在考えちう。めちゃ楽しみ~~~。そしてますます女子率がアップ・・・

IMG_3106↑こちらは、アイ&Pキューブプロジェクトの発足式。リクルート時代の同期の広野さんが社長をつとめるアイ・キューブと、弊社ピーキューブが「なんかやろうぜ!」という事で決起集会をしました。お互いの強みを生かして、いろんなコラボが出来たらいいなぁ~~名前も似てるし、楽しみです!

IMG_3207 IMG_3216↑こちらは、30年前に神戸の街を盛り上げるべく立ち上がった学生(当時)の同窓会。神戸港に沈めた30年前のタイムカプセルを引き上げたら中にビデオテープが!私は初期のIYY(国際青年年)の立ち上げで1年ちょっとの参加だったのですが、当時、私たち学生を担当してくださった神戸市役所の小野さんが、全く当時と変わってなくて、さらにビックリです。この時、サンテレビの深夜の30分番組を3か月間(13本!)作らせていただいた経験が、今の仕事に結びついたともいえるのです。本当にありがたいです。

GPTempDownload2こちらは大好きな、岡本太郎さんの記念館に行ったときの様子。Gopro6で撮影しました~~ (^^) 

IMG_1361そして、こちらのイケメンは、私のイトコの基一くんです (^o^) 昔はヤンチャさんだったのですが(お互い)大人になりました。中学校時代は同じ塾で「W池田はうるさい!お前ら親戚か!」と先生に怒られました。

親戚の中にはたまにブログを見てくださっている方がいるようでして。。

以上、駆け足の近況報告でした。FBには書いてるんだけど、すっかり忘れがちになるブログ。

香港&深圳の刺激的な旅 初めての地続きの越境

9月2日のリクルート・アジアの会で、香港に行ってまいりました。(1~4日)
まずは香港の様子。今回は弊社若手スタッフにも活気あるアジアを見せたかったので社員1名連れて行きました。

香港で活躍する中村智子姉さまと食事。世界中を飛び回り輸出入、マーケティングやPRを手がげる超ビジネスウーマンの勢いは凄かった!私より年上なのに若々しくて美人!頭もいい!IMG_0286昼間からワイン飲んで気持ちよくなり、香港で活躍するイケメンを紹介してもらい、私は感動のあまり iphone7+をなくすという大失態 (><;)21151697_1560162477339693_4760417394360517001_nそしてリクルート・アジアの会に参加。前回のアセアンリクルートの会から少し広げてアジアの会になりました。アジア各地でご活躍の方々とお会いできて感激!みなさん生命力が凄いです。IMG_0297

特に上海で活躍中のビジネスマンでもあり写真家の金 鋭さん。FBでいつも素晴らしい写真を拝見していたので大感激。
https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/essay/P20161031MS00161.shtml
彼は神戸出身の華僑で神戸新聞にも連載を持っていらっしゃいます。(写真・黒い服の方)金さんのような方が日本と中国をうまく結ぶキーマンになるとFBの投稿を拝見し、いつも感じています。
IMG_0247 IMG_0260こちらはスペシャルゲスト↑、Jリーグのチェアマンとして大活躍の 村井満さん。時の人です。

幹事のマーク林君、家田君、内藤君、ありがとうね!

また今回は、香港を中心にタイ、インドネシアで活躍中の森田研一氏が企画してくれた、朝食ミーティングそして「赤いシリコンバレ深圳IT体感と中国在住起業家との懇親会」というオプション企画が凄すぎました!香港から電車で深圳へ。IMG_0300初めての地続きでの越境にドキドキでした。IMG_0303電車の中には越境ECならぬ、人力越境ビジネスの方もちらほら。IMG_0305改札の向こう側で「出国」手続きです。空港のイミグレとほぼ同じ感じ。IMG_0306ここ↑は、香港を出国して中国本土に入国する前。つまり空白地帯。ここで事件が起こったらどっちの警察の管轄になるんだろう?とか考えてしまう。IMG_0319無事中国本土、深圳へ。茶色いビルは深圳のイミグレーションのビル。左のビルはビル全体がほぼパチモン屋。いわゆるコピー商品。「正規の工場で夜中に秘密で作ったから同じ品質」というモノもあるらしい。買いませんでしたが。IMG_0325後ろは新幹線の駅↑ 前のロマンスグレーの紳士は30年前のリクルート時代の私の上司の石原さん。39歳で650人の部下をかかえていたそうです。まあ、当時のリクルートは平均年齢が24.7才とかでした。今の深圳のような勢いがあったのだと思います。
めちゃくちゃ面白い方で、石原さんの周りは常に笑いがあふれていました。IMG_0375感激したのは、ドローンやジンバルでおなじみdji のショールームを見れた事。前の噴水広場では子供たちが裸で走り回っておりました。IMG_0494IMG_0350IMG_0356

これは、デモの様子。手の動きでドローンを操作できる。ますます感覚的に動かせるという事ですね。IMG_1542 IMG_1540こちらは、中国のSNS  WeChat(微信)で有名なテンセント(騰訊) 。ビルも高いですが、社員の給与も超高騰中だとか。

さて。電気街には、コピー商品、パチモン・まがいものが溢れています。IMG_0431

IMG_0426IMG_0418↑この時点ではまだ形が発表されていなかったはずのiphone8 のモックが!ビックリ!重さや雰囲気はかなりホンモノっぽかったです。
あと、パチもんではなく、若い人たちが自分たちオリジナルデザインの商品を一生懸命売り込んでいたのも印象的でした。日本などに比べ「金型」が安く作れるらしく、試作品を作るのにはもってこいの環境だとか。いろいろトライアンドエラーを繰り返し自分たちの製品を作って世界に売り出そうという人が集まっているらしい。街には大学や研究施設がたくさんありました。
IMG_0383 IMG_0382大学や研究施設いろいろ↑ 単なる「世界の下請け工場」から「本物のモノずくりの街」へ少しずつ進化しているようです。
走っている車は、ほぼ電気自動車でした。高層ビルが順番に立ち、電線もない。インフラは地下に埋め込まれて、シンガポールをお手本に完全に計画的に作られた街。東京やニューヨークのように、古くからの都市では真似できないです。いっその事、日本も東京とは別のところに1から街を作った方がいいように思います。IMG_0458さて、夜はスペシャルゲスト、iPhoneケース「Palmo」を開発された松浦 康裕さんのプレゼンを聞きましたIMG_0453「Palmo」はグッドデザイン賞も受賞した素晴らしいデザインのケースで片手で持って指一本で落ちない仕組みになっています。ケースをつけたまま、自撮り棒やジンバルに装着できるので私も愛用しております(香港で無くしたけど)IMG_0465こちらは↑新作の高級バージョン。イタリア本革、日本人職人、完全手縫いハンドメイドだそうです。「ネットの拡散力」「世界の流通」「深圳のモノ作り」の環境が今後のビジネスを大きく変えることになりそうですね。

21271126_1561789573843650_7055934978682819409_n深圳では税務署も金ぴかでビールも金ぴかでした。(^o^)21272515_1561789607176980_8472305599696451873_nさて他にも香港のショットいろいろ.香港の超都会的な所に中華の下町的な所が混ざってるのが好きです。工事中のビルの足場はみんな竹で器用に作っているのも感激。IMG_0513IMG_0526IMG_0550市場はどこの国でも刺激的。日本でも築地や黒門市場が人気なのもわかる。お国柄でいろんな食材が・・IMG_0547IMG_0544そして、LCCの香港エクスプレスには、こんな名前の機体も。食べ物がお好きなようで。21151294_1559673024055305_1957359144727451367_n

21151598_1559672854055322_1105698622506281990_n道路まで張り出した巨大看板で有名なネイザンロードは、かなり看板の数が少なくなっておりました。なんでも落下事故があって規制が厳しくなったとか。少し寂しい。21231026_1559672940721980_5689884581118871325_n 小雨が降ってましたっが夜景は圧巻でした。初めて来たのが返還前の1996年。おは朝のロケでした。ビルがここまでギッシリ建つとは!21231944_1560022300687044_3437279547998649057_nこちらは九龍公園。芸術作品があちこちにあり、楽しめました。

まだまだ書き足りないですが、香港また行きたいです!

ビックリ日本!新聞&テレビで紹介されました (^o^)

7月3日の映像新聞」、7月21日の「毎日新聞」、そして8月31日の「産経新聞」でも、ビックリ日本!1億回再生が大きく取り上げられました。ビックリです (^^)産経新聞

WEB版はこちら
http://www.sankei.com/west/news/170831/wst1708310054-n1.html

また、9月1日には毎日放送「ちちんぷいぷい」でも約10分にもわたりじっくり「ビックリ日本」を紹介いただきました (^^)/ とても嬉しいです。動画も2本流れモニターでもじっくり紹介。

ぷいぷい5

私とCGの小森は2時30分関空発の飛行機で香港に行く予定だったのですが、なんと偶然1時間半も飛行機がディレイしたおかげで放送を生で見ることが出来ました!

ぷいぷい2

と言っても国際線はNHKワールドだけしか放映しておらず、苦肉の策で事務所にいるスタッフに「FB中継」してもらいました。放送が始まった時、まさにボーディング開始!でもなんとか最後まで見ることができました。 遅れたHong Kong Express にも大感謝です。ぷいぷい4   ぷいぷい7jpg

事務所ではみんなで見てたようです。しかも、P-cubeを卒業して現在、東京に行っているスウ君がたまたま事務所に遊びに来た時にちょうど番組が始まったという超グッドタイミング!

普段テレビ番組を作っている私たちですが、こうやって新聞やテレビに取り上げられるって嬉しいですね。もっともっと取り上げてもらって多くの人に知ってもらえるよう、頑張ります!(^o^)

動画

京丹後で日本一の半水面洞窟ダイビングしました!底引き網も凄かった

初めて京丹後の「愛の洞窟」を見たのは、5年前
小舟で探検できる「青の洞窟」と並んだ小さなハートのある洞窟。「向こう側に貫通しているらしい」という不確かな情報に「いつかは潜ってみたい!!」とワクワクしていましたが、それが実現しました。

IMG_4449IMG_4572

こちらが入り口。洞窟の上の方は空気がある半水面で長さは200メートル!
一部は完全に水中ですが、穴というより、岩の裂け目に近いかも。エアが切れたら水面に上がれるので安心ですが、なにせ途中は真っ暗で、この日は波も少しあったので前後上下に揺られる感じ。しも数日前の大雨で大量に細かい葉のようなゴミが舞い、かなり透明度は低かったです。それでも、入り口・出口の光は、この世のものと思えないくらい美しかったです。

IMG_4646 IMG_4647

穴好きダイバー仲間が撮影した映像がこちら!

半水面洞窟でダイバーが通り抜けできる海蝕洞ではこの京丹後の「愛の洞窟」が200メートルで日本最長だそうです。まだ、潜った事があるのは30人以下で、そんな中に入ることができた私は、超幸せ!
多くの穴好きダイバーにここを探検してほしいなぁ~と思います。ええ。私日ごろから「穴があったら入りたい」と思っているほど穴好きです! 
そして2本目は「定置網」のダイビングをさせていただきました。普通はダイバーは近づけないのですが、漁師の西口さんのご厚意です。ありがとうございます!

IMG_4642 FullSizeRender

 海と魚と網と太陽がおりなす光の芸術!こちらの映像も素晴らしい!なかなか定置網ダイビングの映像は貴重と思います。

この珍しい地形を生かしたダイビングツアー。京丹後の「うまし宿 とト屋」の池田香代子さんという、めちゃパワフルな女将さんが中心になって仕掛ける「京丹後龍宮プロジェクト」の体験メニューの1つなんです。
地域全体で観光資源を掘り起こそうという試み。

http://kyoto-sea.com/

なんと朝日放送「キャスト」も取材に来ていて9月4日に放送予定だそうです。よく知ってるカメラさんが来られてビックリ。それもまたいい思い出になりました。山陰ジオパークの認定にむけ、アイデアいっぱいの女将さんの努力が報われますように!

IMG_4597 21125758_1126786570756110_2106323635983744796_o

IMG_4650

朝日放送のダイビングチーム(取材陣)も一緒に記念写真。

IMG_4445  IMG_4493IMG_4453 IMG_4585 IMG_4501 IMG_4503 IMG_4509

もちろん、京丹後の自然、そして「うまし宿 とト屋」のお宿も、お料理も凄くステキ。そして穴好きダイバー仲間が出来て嬉しい!
頼りになる、「なみよいくじら」の関藤さんにも感謝です。

この自然いっぱいの京丹後も凄いですが、それ以上に女将の池田 香代子さんを「ウーマンオブザイヤー」に認定してほしい気持ちでいっぱいです。

そして、私、1986年にダイビングの免許を取りましたが、阪神大震災の1995年以降潜っておりませんで、23年ぶりのダイビングでドキドキでした。こちらは、和歌山の南部にリフレッシュダイブの講習に行った時の映像。また和歌山は日本海と違う魅力がありますね~ 関藤師匠 ありがとうございました!

 

マレーシアで噂のシェアコンドミニアムを体験!

ポール神田こと、KNNの神田さんがマレーシアのクアラルンプールでコンドミニアムを購入。シェアコンドとして面白いサービスを始めたので見に行きました。こちらの動画がその問題のシェアコンド。凄いです!3ベッドルームに1リビング。豪華です!

「来週空いてるけど来る?」と言われて「行くわ~」と行ける気軽さが凄い。ちょうど夏休み直前リギリ飛行機代も安かった!エクスペディア様様です。一緒に行ったお友達も大喜びでした。

岩手のボランティア関係で知り合った戸田夫妻ともお会いしてきましたよ~彼らのご自宅も超ゴージャス!凄いです。またマレーシア案内してもらいました~~いつもありがとうございます!

201707マレーシア7201707マレーシア3 201707マレーシア4 201707マレーシア5 

彼らの自宅に、ポール氏が眼鏡を忘れてきて、取りに行ったら、今度は私がオズモを忘れたという、大ミスはあったものの、マレーシアグルメも街もそしてリゾート気分も満喫させていただきました! 

波乱万丈の台北 社員旅行行きました (^o^)

今年の社員旅行は、台湾でした (^o^) お仕事の関係や私用で半分くらいのスタッフしか行けなかったのですが、金曜出発組と土曜出発組の2班に分けて行って参りました。

到着した夜は台湾のイベント会社アジコムの上田さんに、美味しい北京ダックのお店を予約してもらいました!「天厨菜館」確かにおいしい!

01IMG_2301

02IMG_2299 03IMG_2354 04IMG_2320

http://www.taipeinavi.com/food/129/
前日に誕生日だった新人ちゃんのサプライズの為に、上田さんが可愛いケーキを用意してくださり、また日本からプレートとロウソクの準備をして、レストランの方にはハッピーバースデーの歌の曲をがなしてもらいました (^^) いい思い出になったかな?上田さんありがとうございます!
2~3日前から準備し、ヒミツにするのに苦労したのよ。うんうん。

05IMG_2356 06MG_2338

その後は、定番のシーリン夜市に繰り出してみたものの・・お腹いっぱいすぎて食べれず・・ただ迫力と広さと人の多さに圧倒された。そして食べ物のいい香りはもの凄かった!

07IMG_2374 08IMG_2358

2日目はグループに分かれて熟女2人(^^)で九份へ。私、台湾は11回目なのですが、あまり観光をしたことがなく、初の九份でした。思ったより広大でビックリです。いい雰囲気!

09IMG_2387 10IMG_2436

お茶の入れ方を教えてもらう時に台湾のイケメンに通訳してもらいました(^^)

11IMG_2429 12IMG_2406

13IMG_2482 14IMG_2487

台北101を手の平に乗せたり、頭に乗せたり・・・そして夜は後発隊と合流して宴会!

張ちゃんお勧めの小籠包のお店に行きました! こちらも、めちゃ美味!15IMG_2515 16IMG_2497 17IMG_2509  19IMG_2493 20IMG_2494 21IMG_2500 22IMG_2501

朝市にも行きました!新鮮な生ライチと、日本のとは少し違う焼き芋をゲット。23IMG_2573

さて、ビックリ台湾 私の中の3つ選んでみました。まずは【第3位】地下鉄の切符の自販機に日本語の表示が! 切符買うのラクチンでした。そして殆どの人がICカードを使ってました。バスも。24IMG_2534

ビックリ台湾【第2位】便利そうなレンタサイクルが沢山! (^^) YouBikeは、有名な自転車メーカーGIANTと台北市が提携し運営されているそう。
25IMG_2575

http://www.taipeinavi.com/play/476/

ビックリ台湾【第1位】はこちら!これ、台北駅構内なのですが、凄い沢山の ヒジャブを着たムスリムの方たちがピクニック状態で地べたにお料理を広げて楽しんでいる風景です。

35IMG_2665

31IMG_2662   台湾は、かなりの数のインドネシア人が住んでおられ、ラマダン明けはこのような感じで集まってお食事を楽しまれるそうで。。それにしても玄関口の台北駅で、この状態って凄いです。駅のスタッフは淡々と通路を作るように誘導したりゴミを集めたり。賛否両論あるかもしれませんが、台湾に根付いているインドネシアの文化に圧倒されました。台湾は異文化を取り入れて共存するのが上手なのかもしれません。

ビックリ台湾【番外編】宿泊先は12年前の社員旅行と同じ、台北駅前のシザーパークでしたが、なんとボヤ騒ぎがあり、消防車が沢山来ました。ビックリ。でも結構みなさん冷静・・・というか、のんびりしてました。少し焦げ臭く、2Fは煙が充満していたそうですが。Yさんは、台湾のテレビクルーにインタビューまでされてました。中国語だったので答えられなかったのですが。。

37IMG_2691

36IMG_2690 38IMG_2702

【番外編その2】 帰りのバスが、タクシーとぶつかり警察沙汰に。。私たちは別のバスに乗り換えたのですが、パトカーとほぼ同時に代替バスが来たこともちょっとビックリ。

39IMG_2705

とにかく、波乱万丈でしたが、刺激の多い旅でした。殆ど自由行動だったのですが、皆、旅のプチトラブルを経験しながら、いい勉強になったかな??と思います。これからの人生にちょっぴり生かせたらいいですね。

 

18IMG_2517

写真は夜の台北駅

社員旅行 リマインダー:2016年 飛騨高山(少人数)  2015年淡路島 2014年白浜  2013年福井 2007年 北海道 2006年 沖縄 2005年台湾 2002年 韓国

ビックリ日本 1億回再生突破記念!ありがとう

ビックリ日本をはじめとする弊社の海外向け日本紹介動画の総再生回数が1億回を突破しました!

みなさまありがとうございます!感謝の気持ちを込めて、視聴者の皆様にも豪華プレゼントがあるお得なキャンペーンサイトを作りました。
6月23日(金)に公開です!http://www.pcube.co.jp/bikkuri/100million/

ビックリ日本1億回HPイメージ01思い起こせば、2010年7月に「ビックリ大阪」としてスタートしました。その前に英語でコンテンツを作ろうとチャレンジした事もあったのですが、どうも今の日本の観光や産業、何を見ても「アジア」が圧倒的だなぁと感じ、中国人スタッフを採用したのがきっかけです。

「お弁当に入っている赤いモノをサクランボだと思って食べたらスッパくてビックリした」など、彼のビックリする事を聞いてると面白くて、「そのビックリをネット番組にしよう」とyoutubeにアップしていきました。最初のネタは事務所の近所のこちら ↓  崇くん若いっ!

また、大阪産業創造館主催の「中小企業オモシロCM選手権」では最優秀賞をいただく事が出来ました! ↓  小山ディレクターのちょっとホロっとする作品です。

一番やっててよかったと思ったのは、東日本大震災の時です。当時日本に来ていた留学生の両親が、「日本は危ないから帰って来なさい」と心配する中、うちの社員やインターンたちは「いや、大阪はめちゃ普通に暮らしてる」と動画を故郷の両親に見せると安心してくれたのです。震災の3日後に撮影したビックリ日本↓がこちら。

また、youtubeから入る広告料の一部を最初は日本赤十字に。その後、岩手県遠野の被災地支援団体「プロジェクトNext」に寄付してまいりました。現在まで累計181万61円にのぼり現地の被災者支援の活動費に使っていただいています。

中国の大手動画サイト、Youkuに何度もアプローチして契約をお願いしましたが最初は相手にしてもらえず。ところが「ビックリ日本」を見てくれたYoukuの編集担当から「オフィシャル契約しませんか?」と嬉しいお誘いがダイレクトに入り、はるばる北京まで行って日本企業として初めて契約してもらえました。その後、大手ポータルサイトのSOHU(捜狐)やCNTVからも契約のお話が。

 2011北京出張池田・崇011 IMG_0581FullSizeRender (2)

日本・中国・台湾の新聞やテレビ(NHK、日本テレビ)、ラジオ(ABC, FM大阪)でも取り上げていただいたりゲスト出演もさせていただき、いい経験になりました。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 2012ABCラジオ出演 2012バンディさんラジオ収録

今まで何度か「辞めてしまおう」と思った事がありました。尖閣問題など日中間の政治情勢が不安定になると、日・中の両国からネット上に誹謗中傷を沢山書かれました。
ただ、そういった中でもファンの方々からの応援があり今まで継続できました。そして、なにより今まで頑張ってくれた歴代ビックリ日本のレポータや制作陣の粘り強い努力があったと感謝しています。 

2012海外02 IMG_0832IMG_0980

最近、私が一番ハマったのはこのネタです。
日・中・韓の政治的な問題はありますが、もともと私たちの文化や言葉は昔から繋がっており、お互い意外な共通点もあります。こうやって、1つの動画を見て笑いあえるというのは大切だと感じます。

これからも、ビックリ日本をよろしくお願いします!! :-) 

ASEANリクルート第10会大会 in シンガポール!!

5月27日にASEAN各地で活躍されているリクルート卒業生たちがシンガポールに集まりるという事で、私も日本から参戦ました。なんと117名もの方が集まりました。
次回は9月2日.香港開催予定だとか。で、アジアリクルート会に名前も変更。シンガポールで活躍中の同期にも会えて楽しかったです!IMG_1219

ASEANリクルートの会は40才前後の後輩たちが中心になって活発に情報交換しています。2~3か国またにかけて頑張ってる方が多いです。凄いねぇ。私たちの時代は体力と勢いで採用されてたけど、今は頭のいい子が採用されてるみたい。今回は、私が30年前に働いていた時の大阪支社長をはじめ、かなりの重鎮も来られました。また現役リクルートの方も数人いらっしゃいました。事務局の皆さま、本当にお疲れさまでした!

IMG_1169

ビックリしたのはリクルートの創業は1960年ですが、まだ新卒で入った社員で定年退職した人って、3人なんですって。たったの3人!恐るべし離職率。それでも退職した人との繋がりが強くて、殆どの人が「リクルートで働いて勉強になった」と言っているのが面白いところ。

IMG_1636 IMG_1712

さて、今回は観光もたっぷり楽しみました!こちらはクルーズ船からの夜景とガーデンズ・バイ・ザ・ベイ ↓

特にガーデンズ・バイ・ザ・ベイは夜遅くに行ったのですが、なんと終わっているはずのライトアップが突然始まりました。なんと次のショーにむけてのリハーサルをやっていたんです。めちゃくちゃラッキーでした。(^o^)

IMG_1793 IMG_1792

IMG_1298 IMG_1150

IMG_1290 IMG_1288

美味しい物も沢山食べましたよ~手も顔もベトベトになりながらチリクラブをほおばりました!

こちらは↓ホテルからのタイムラプス撮影

また、シンガポールでご活躍中の方々と豪華な朝食会も楽しみました。
それにしても、海外でビジネスされてる方のオーラは凄いですね
    @Hotel Fort Canning ↓

IMG_6051 IMG_6050

ジモティのミキちゃんに カトン地区のラクサ(にゅうめんみたいな麺にココナッツ風味の汁)の美味しい店に連れて行ってもらいました(^^)シンガポールの代表的なプラナカン建築群がとても素敵。↓

18741237_1512822562124207_1883821950_n

18763432_1512822498790880_942437279_n IMG_148118741316_1460349080654367_660646758_n IMG_1458

シンガポールのアニメーション会社Tiny Island のDavid Kwokさんのオフィスにも行きました。5年ぶり?に再会。3階だて一軒家を改装したオフィスは、メチャ素敵!広くてオシャレ。男子も女子も可愛いスタッフが多い!↓

オタクが多い男ばかりの仕事場に女子のスタッフを配属したらモチベーションが上がり、業績アップに繋がったんだとか。
アメリカに、中国に、インドネシアにと幅を広げるビジネスマンのお話し、勉強になります。

IMG_1070 IMG_1079

凄くステキなCHIJMESという中華のお店にも行きました。ここは昔、キリスト系の女子高だったそう。めちゃオシャレ!

IMG_1041 IMG_1059

また、朝日放送グループのABC HORIZON PTE.LTD のシンガポールオフィスを訪ねました。外国のドラマに出てくるようなオフィス。
映像コンテンツの世界進出も日本は遅れ気味なので益々期待が高まっています。

そして、本田さんに有名中華店でランチをごちそうしていただきました(๑・̑◡・̑๑) 超ジューシーな北京ダッグ!デザートもお茶も芸術的でした。勉強になりました!ありがとうございます。

IMG_1274IMG_1261IMG_1272IMG_1263

ところで、普通にシンガポールの道に咲いてるバナナを見て、初めて気づいた事があります。メシベがすでにバナナの形なんです!知ってました?

IMG_1600
帰りは、マレーシア経由。トランジットの11時間を有意義に使いました。マレーシア在住の鵜子夫妻と
鷲津夫妻に、おいしい鍋料理 COCOに連れて行ってもらいました!大満足です。ありがとう~~

IMG_178218671184_1461538760535399_8880248411917283310_n18698177_1461539407202001_634985729952666758_n18740459_1461538730535402_923250004612841001_n