BLOGブログ

引き籠りにピッタリ!?

2020年03月30日

編集部 佐藤です。

各方面で新型コロナウイルスの影響が出ていますね。

連日の重いニュースで気持ちが滅入ってしまうのもアレなんで、最近、週末は“オヤジの趣味”を満喫しております。

 

そう、プラモデル。しかもロボットアニメ系…

私は昭和45年生まれなので「ガンプラ」直撃世代。1個300円程の「ガンダム」や「ザク」に胸躍らせて少年時代を過ごしました。組み立て途中に関節の部品を折ってしまったり、雑誌の記事を真似て改造してはみるものの、挫折して放置…なんてことも。

実は昔のプラモは、キチンと完成させるには意外とハードルが高かったんです。パーツの合わせ目を消したり、元のデザイン通りに塗り分けたり…

それが時代と共に進化し、今時のプラモは説明書通りに組み立てるだけで、ほぼアニメの設定どおりに完成しちゃうんです!(実は結構以前から…)

塗装無しでここまで色分けされつつ、デザイン的に邪魔にならない所にパーツの分割ラインを落とし込むセンスと技術! 惚れ惚れしちゃいますね。

手前の「ガンダム」が12cm程の大きさ。無塗装でここまでの仕上がり。後方の「スコープドッグ」が20cm程あるので、このままでは少し物足りないので、いわゆる「汚し」を入れる予定です。

赤いのが「イデオン」、青いのが「ザブングル」。こちらは実は「食玩」なので、スーパーの駄菓子コーナーに売ってます。1体4000円程しますが(汗)それぞれ違う作品の主役メカなんですが、自分が10代の頃に夢中になった彼らをズラリと並べてみたいと思っています。 オヤジのささやかな夢…。

実はここ何年か、プラモは作らなくなっていたんですが、SNSなどで色んなモデラーさんの作品を見ている内に、何だか急にプラモ熱が再燃。塗装もいらない手軽さのお陰で気負うことなく楽しめることに気づきました!プラモ楽しいぜ!

そしてもう1個、気づいてしまった… 視力低下のツラさが想像以上にデカいことに!!(号泣)

ちなみに組み立て途中の「レイズナー」は、後輩からの誕生日プレゼント!! アンドリュー君 ありがとう!!

【投稿:編集部 佐藤】