BLOGブログ

キュウリ嫌いなデザイナー

2019年04月24日

初めまして!

このたび入社いたしました編集部のケルヴィンです。インドネシアのスマトラ島出身です。
同期の葛迫真一を皆さんに紹介しようと思っています!

大阪の堺市出身の葛迫 真一(かつらさこ しんいち)くんの第一印象はおとなしい、
冷たい人なイメージだと思いましたが、話しかけたら実際は面白い、賢い人でした。
というのも、福山雅治のモノマネが上手いです!

立命館大学の中国文学・思想専攻へ進学して、3年生の時に、中学生からグラフィックデザインの
興味を持って力で大学の学園祭の運営として広告部署に所属し、広告物のデザインを担当しました。
学園祭の宣伝ポスターを作って、阪急京都線の駅に貼られて、なかなか凄いと思います。
その時に迫くんは自分のやりたいことに気づいて、大学を諦めて、デジタルハリウッドという
専門学校にCGを学んできました。

ずっとモニタの画面を見ている迫くんはゲーム好きだそうです。モバイルゲームをはじめ、
ニンテンドースイッチもやっています。色々やっているゲームの中で、最近一番ハマっている
ゲームはスプラトゥーン2です。他のプレーヤーとオンライン世界で戦うのが好きだと言っていました。

迫くんは4年間で木曽路という日本の料理店のキッチンスタッフとしてバイトしました。
美味しい料理を作れそうなイメージなのですが、胡瓜は食べられない。
理由は胡瓜の食感が苦手なんだそうです。(美味しい胡瓜食べられないのは悲しいね~(笑))

これから私たち色々なチャレンジがあって、お互いに頑張りたいと思います。

[投稿:編集部・ケルヴィン]